受注入力について

 千春館販売管理システムの受注入力は、(1)得意先選択画面、(2)品目選択画面、(3)確定画面の3つの画面からなります。

(1)得意先選択画面 (クリックすると拡大します) (2)品目選択画面  (3)確定画面 
得意先選択画面 品目選択画面 確定画面


受注を入力をする場合、
 一般的な伝票入力の様に(3)確定画面で入力することも出来ますが、

受注の手順を考えると、
 A.得意先の情報から入る場合と、B.品目の情報から入る場合が考えられます。

 得意先の情報から入ると、先ず売掛等取引状況を確認できます。
 また予め得意先ごとに取引品目を登録しておくと、品目選択画面に移ると登録されていた品目の在庫状況・単価が自動的に表示され、
 表示された品目から選ぶだけになります。

 品目の情報から入るのは、先ず在庫の有無の確認が最優先の場合で、(2)品目選択画面から入ります。
 詳細画面では、全社の倉庫ごとの在庫を一括して見ることが出来ます。
 また在庫が無い、あるいは仕入先から得意先への直送など、発注する場合は、ここで仕入先を選択し手配につなげることが出来ます。

それでは、もう少し詳しく説明します。


A.得意先から入る場合
  1.得意先名、得意先コード、もしくは電話番号(下4桁)で検索し、一覧((1)得意先選択画面)を表示して選択します。
    一意で定まれば選択の必要は無く、直接次ぎの(1)−b得意先詳細画面を表示します。

    得意先ごとに担当者が決まっている場合は、ログインIDに担当者を設定しておけば、(1)得意先選択画面を開けば
    自分の担当の得意先だけが、表示されるので、そこから選択することが出来ます。

    電話番号は、一つの得意先に複数登録出来ます。

    いずれの検索も部分検索を行います。

  2.得意先詳細
    一覧表示から選択しますと(1)−b得意先詳細画面を表示します。
     (1)−b得意先詳細画面        得意先詳細画面
































     (1)−b得意先詳細画面の表示。
      得意先の部署・担当等の詳細と、

      売掛の状況を表示します。
       売掛の状況は、直近の請求高と、その締切以降現時点までの売上・入金、そして受注残(売上未計上の受注)を示します。

      滞留状況は
       直近の請求高が何月に発生したものか、その滞留(回収)状況を示します。

      送付先の選択
       得意先に複数の送り先がある場合、予めマスターに登録しておくと、この詳細画面で表示します。
       そこから、今回受注分の送付先を選択します。

  3.品目選択
    予め得意先毎の取り扱い品目を、マスターに登録しておくと、上部の品目選択タグをクリックすると、
    登録されている品目の一覧が(2)品目選択画面に表示されます。 販売単価も登録しておくと併せて表示します。

    多量の品種を扱っている企業でも、得意先毎にみると数品種と言うことが多々あります。
    取り扱い品目を予め登録しておき、得意先から入ると受注の入力が簡単になります。


B.品目から入る場合
  先ず在庫の確認が必要な受注形態の場合は、品目からの入力が実際に即しています。

  1.品名、品目コード、商品分類で検索し、一覧を表示して選択します。
     一意で定まれば選択の必要は無く、直接次ぎの(2)−b品目詳細画面を表示します。

     いずれの検索も部分検索を行います。

  2.品目詳細
     一覧表示から選択しますと(2)−b品目詳細画面を表示します。

     (2)−b品目詳細画面        品目詳細画面
































     (2)−b品目詳細画面の表示。
      予め登録してあれば、原価・定価等の単価を表示します。

      この品目の手配を指定します。
      発注する場合は仕入先をクリックします。 複数社ある場合は複数社表示されますので、選択します。

      在庫から出荷する場合は、在庫数を確認し、どの倉庫分から出荷するかを選択します。
      部署と倉庫を関連付けておくと、該当の倉庫を反転表示します。(この場合ではT1倉庫)
      実際に在庫が引当られるのは、次項の確定画面でOKした時になります。


C.確定画面
      この画面で得意先・品目の最終確認と、納期・出荷日、
      発送に付随する事項を入力します。
       確定画面































     手配項目は在庫引当のほか、仕入在庫(仕入れて倉庫に納入、別途出荷指示を行う)、
     仕入直送(仕入先から得意先へ直接納入)等が設定できます。

     在庫の引当ては、ここで確定させた時点になります。

以上の、(1)得意先選択画面、(2)品目選択画面、(3)確定画面の3つの画面は確定画面で確定する迄は、
何度でも自由に切り替える事が出来ます。


E.確定画面だけでの受注入力
   上記で、得意先から入る場合、品目から入る場合を説明しましたが。

   (3)確定画面に得意先コード、品目コードを直接入力する事で、確定画面だけで受注入力をすることも可能です。
   その場合も得意先名、品名、単価等、マスターに登録されている項目は、マスターから表示します。
   従来のデーター入力機の様な使い方になります。